ryunahi’s blog

子育てや日常雑記などなど

アルゼンチン潜水艦沈没について

広告

寒いなか今日も子供たち様のサッカー観戦中のRyunahiです。

行方不明のアルゼンチン潜水艦が、発見されたのをご存知でしょうか?その記事を読んた感想を書きたいと思います。

記事の概要がこんな感じになります。

 

アルゼンチン海軍の潜水艦「サンフアン」は約1年前の去年11月15日、大西洋を航行中に44人の乗組員とともに消息を絶ち、以来見つかっていなかった。

こうした中、ロイター通信によるとアルゼンチン国防省は17日、「サンフアン」の残骸が水深およそ900メートルの海中で見つかったと発表した。アメリカの民間企業が発見したということで、船体の一部が破裂した形跡があるという。

 

www.jiji.com

潜水艦は、どのように沈没したのでしょう?沈みゆく狭い艦内にて、船員はどんな気持ちだったのでしょうか?

狭い船室

ゆっくり沈みゆく船体

無くなる酸素

 

一瞬で死亡するようならまだしも、残り少なくなる酸素の中で救助を待つ状況でしたら艦内では、パニック状態になったのでしょうか?

救助を待つにしても、水深900mmからの引き上げるには相当の時間が掛かるはず。

もし水深900mmで圧巻せず、浮上することも出来ないのならば船員の恐怖心は相当のはずだと思われます。(この潜水艦の最大水深深度は分かりませんが)

このような状態を想定して艦長は、船員を安楽死させる為にクスリを常備している物なのでしょうか?

不謹慎かも知れませんが、苦しまず一瞬で亡くなっていて欲しいと思える事件でした。

終わり